ショートインプラントなら、さいたま市にある【マスダ歯科医院】へ

ショートインプラントとは?

当医院で対応しているショートインプラントとは?

インプラント体の長さが8mm以下のもののことをショートインプラントといいます。

当院では骨移植や上顎洞底挙上術などの治療だけでなく、なるべく体に負担をかけないよう短いタイプのインプラントでも対応しています。

しかも院長は日本で最も権威のあるインプラントの学会、日本口腔インプラント学会に日本で初めてショートインプラントの論文を発表しました。その際の調査では13年間の残存率は95.3%であり、海外の論文と比較しても遜色のない結果となりました。

当院では、なるべく低侵襲治療を行います。

 

マスダ歯科医院では骨が少ない患者様に対し、適性を見分けながら骨の移植やショートインプラント手術を行っております。

⇒アクセスのご案内・地図はこちら

東大宮駅から徒歩5分。当院には埼玉県さいたま市の他、(中央区・北区・緑区・見沼区 ・岩槻区 ・西区・上尾市 ・蓮田市・伊奈町 )などからも患者様がいらっしゃいます。

お問い合わせはこちら
ページのトップへ

現在のページ:HOMEショートインプラントとは?