MENU

医療法人誠歯会 マスダ歯科医院

マスダ歯科医院 マスダ歯科医院 マスダ歯科医院 マスダ歯科医院 マスダ歯科医院 マスダ歯科医院
インプラント治療に力を入れている理由とは…

インプラント治療を多く行うようになったきっかけ

マスダ歯科医院の院長の増田一生と申します。 私は大学卒業後、埼玉医科大学総合医療センター歯科口腔外科に入局し、顎顔面の外傷治療・腫瘍の手術など多くの経験をしてきました。ここでのさまざまな経験は、今の自分の原点でもあります。

そして・・・大学病院の助教に昇格した頃、一人の患者様に出会ったことがインプラント治療を積極的に行うきっかけとなりました。もちろん大学病院には、口腔インプラント外来も併設されていたので、依頼があればインプラント治療を行いましたが、積極的にはインプラント治療を行ってきませんでした。

その患者様は腫瘍を摘出し、顎の一部を失っておられました。幸いなことに手術は成功に終わり、外科医としては満足できる経過でした。しかし、患者様から言われたのは「入れ歯が合わなくて食べられない、入れ歯が落ちる、恥ずかしくて孫に会えない・・・」などでした。

・・・結局命は救えたかもしれませんが、患者様の生活の質は取り戻せなかったのです。

主訴:顎がなくなって入れ歯が落ちる

image

患者様のことを考えた時に、思い浮かんだのがインプラント治療です。

最終的にこの患者様の希望により、入れ歯の支えとしてのインプラント治療を適応することになりました。しかし当時、日本では顎の約半分がない人に対してのインプラント治療はあまり行われていませんでした。また患者様の健康状態も良好とは言えなかったため、手術までの話し合い・準備に時間がとてもかかりました。インプラント治療は噛めるようになる(骨とインプラント〈人工歯根〉がくっつく)までの期間が長いため、それまでは患者様の診察のたびに「噛めるように!噛めるように!しっかりインプラントがくっつくように!」と願う日々が続きました。

image

数か月が経ち、完成後・・・「孫の前で笑っても入れ歯が落ちなくなったから楽しい。食事がおいしくなった。ありがとうございます。」と患者様から言われました。すでに長期経過していますが、現在も「食事に困らない。大きく笑っても入れ歯が落ちない。」と言ってくれます。

たしかにインプラント治療は完成まで時間もかかり、手術直後は不便もあったと思います。しかしながら、そう・・・インプラントにより患者様の笑顔を取り戻すことができ、ようやく生活レベルの回復ができたのです。恐らくインプラント治療なしではこの結果は不可能であったと思います。
インプラント治療を行った患者様から感謝の言葉をいただいたことを境に、顎や歯を失った患者様の健康を取り戻せるインプラント治療を積極的に行うようになり、休みさえあればインプラントの講習会や学会参加・・・ついには海外まで勉強しに行くようになりました。そして、日本最大の学会である日本口腔インプラント学会で学術賞もいただきました。

image

インプラントはメインテナンスがとても重要で、これ以上にインプラントを増やさなくて済むような口腔管理が重要だと考えられます。
そのためマスダ歯科医院では、歯周病治療や予防にも力を入れております。
患者様の全身の健康を守り育てるために、患者様の笑顔を創造するために、患者さまに安心していただくために、日々精進してまいりますので宜しくお願いいたします。

インプラント主要3学会の資格を取得した歯科医師を中心とした治療

当院院長は、全国でもほとんどいないインプラント主要3学会の資格を全て習得している有資格者です。
院長を中心とし、専門的な知識・教育を受けた歯科医師が治療を行いますので、患者様には安心してインプラント治療を受けていただけます。

インプラント治療は、治療後にどれだけ責任をもって診ていけるかが大切と考えています。院長は37歳で(2018年4月現在)国内最年少で日本口腔インプラント学会の指導医資格を取得しており、国内トップクラスのご対応を末長く続けていくこと事が可能です。
また、インプラントの資格のみならず、現役の口腔外科医のサポートを受けながら治療を行える歯科医院は、全国でも少数と考えられます。

そして、治療だけでなく学会での発表や論文など学術の分野に関しても力を入れており、日本口腔インプラント学会においては学術賞を受賞するなどの実績を残しています。 海外の学会での論文活動も行っており、最新の医療情報をもとに最高の治療を患者様に提供できるよう日々努力しています。

マスダ歯科医院インプラント治療の5つの特長01
pagetop

当院の目標の一つは 世界に通用する歯科医師・歯科衛生士を輩出することです。
院長はほぼ毎年海外で講演などを行っておりますが(2018年4月現在 )、日本の歯科医療技術は世界でも十分に通用します。一方で今後想定される多くのインプラント治療後のメンテナンス難民となる患者様の対応。つまり、インプラント中心で活躍されてきた有能な歯科医師先生達の引退時等により、その後に管理する専門的な知識・技術をもつ歯科医師の不足の問題です。
インプラントに対しては、人の人生を変えることができる非常にすばらしい治療であることは間違いありませんが、不足の事態に対応できる若い人材を 今から準備していく必要があると考えられます。

指導・教育するにあたっても、インプラントの治療経験も必要ですが知識習得し、資格取得することも重要です。学会認定の指導医合格の基準として インプラントの治療経験数は当たり前で、例えば国内外への論文・著書などが多数必要です。論文を書くにあたっては、あらゆる正しい情報、違う見解など十分に勉強しなくてはいけません。例えば1つの論文を執筆するにあたり データの集積に数年、実際書き始めて審査員の厳しいチェックで通過するまで何度もやり取りして論文誌に掲載されるまで期間は約1~3年、参考として読む論文は100誌以上です。
当院院長は、口腔外科・スポーツ歯科・矯正医でもありますが、インプラントだけでもすでに10以上の論文に携わっています(2018年4月現在)。近年はインターネットの時代で様々な情報が簡単にわかり、指導医資格の合格するための条件は、歯科医師・衛生士は理解しています。残念ではありますが「インプラントたくさん治療しているから、私のやり方が正しい。付いて来い!」なんてことは、教育をするうえで、そんな時代はとっくに終了していると思います。
このような時代だからこそ、資格をもち指導していくことが必要だし、院長自ら難関試験を最年少で合格することでこれから資格取得 を目指す若い歯科医療従事者に希望を与えられると考えています。
そして この技術を多くの若い医療従事者の有資格者として指導し、正しい知識をもつ多くの専門医を輩出することが、当院の役目と考えています。

マスダ歯科医院インプラント治療の6つの特長06
pagetop
インプラントに精通した歯科衛生士複数在籍

全国の歯科医院1件あたりの衛生士在籍数平均は1.6人ですが、当院では衛生士10名が在籍しています。
そのうちインプラント学会認定衛生士4名、インプラントコーディネーター2名在籍で、患者様に合わせた最善の治療のご提案と治療後の充実したメインテナンスが受けられます。

すぐに治療に入るのではなく、専門のインプラントコーディネーターが患者様のご要望・不安な部分を把握させていただいた上で最適なインプラント治療をご提案いたしますので安心して治療を受けていただけます。

「他院でインプラント治療を断られた」という方でも受診していただけますので、お気軽にご相談ください。
当院ではその場限りの治療ではなく、患者様の将来を考えた最善の治療をご提案いたします。

難しい症例にも対応
pagetop
症例に合わせたCT2台完備

通常のレントゲンに加え、最薄0.076mmの断層撮影、3D撮影が可能なため従来の撮影機よりも詳細に患者様の状態をお調べし、より的確な診断が可能となりました。
インプラント治療は、骨の状態により切ってから手術を中止することになったり、うまくインプラントを埋入できずに再手術を行うこともありますが、当院ではこのCTで事前検査を行うことで、より精度の高い手術を行っております。

インプラント主要3学会の資格を取得した歯科医師を中心とした治療

部位ごとの撮影も可能で、従来のものよりも照射時間が短いためお身体への負担も少ないのが特長です。
通常のレントゲンでは見ることが出来なかった骨の厚みをより詳細に調べることができるため、必要最小限の治療で患者様の負担を軽減することが可能となりました。

インプラント主要3学会の資格を取得した歯科医師を中心とした治療
マスダ歯科医院インプラント治療の5つの特長01
pagetop
難しい症例にも対応

サイナスリフト法、ソケットリフト法で増骨を行い、インプラント治療を可能にします。

サイナスリフト法

インプラントを埋め込む際、上顎の奥に骨が足りないという方に対して行う治療です。一般的に行われているサイナスリフト法は自分の骨や人工の骨を移植して行いますが、近年人工骨に感染が起きるトラブルが問題視されています。

この方法は海外においても論文として認められました

マスダ歯科医院では、骨を移植しないチタン製のプレート・スクリューを用いたサイナスリフト法を行い感染の影響を少なくしております。

ソケットリフト法

上顎の奥歯の歯槽骨(歯を支える骨)の幅は問題ないものの、高さが足りない場合にインプラント埋入と同時に骨の高さを増大させる方法です。
サイナスリフト法に比べて外科的侵襲がはるかに少なく、患者様の身体の負担が少ない術式ですが、5ミリ以上の骨の高さが必要なため少し適応が限られます。

難しい症例にも対応
pagetop
06	身体への負担が少ないショートインプラント治療可能

インプラント体の長さが8mm以下の短いタイプのインプラントをショートインプラントといいます。
当院では前述した骨不足の場合の治療だけでなく、なるべく身体に負担をかけない短いタイプのインプラント(8mm以下)での治療も行っております。

当院院長は、日本口腔インプラント学会に日本で初めてショートインプラントの論文を発表しました!
当院院長は、日本口腔インプラント学会に日本で初めてショートインプラントの論文を発表しました!

その際の調査では、13年間のインプラント残存率は95.3%であり、海外の論文と比較しても遜色ない結果となりました。

マスダ歯科医院インプラント治療の5つの特長01
pagetop