歯周病(歯周炎・歯肉炎)治療やメインテナンスはインプラント治療で評判の【マスダ歯科医院】

歯周病のつながり

歯周病とは?

歯周病とは、歯垢(プラーク)や歯石で繁殖した歯周病菌の毒素が、歯肉を炎症させ、歯グキのはれ・出血、口臭を引き起こします。さらに、歯周病がすすむと、歯を支えている歯槽骨(アゴの骨・歯を支える骨)を、歯周病菌が溶かし、歯がぐらつき、最終的には抜けてしまう怖い病気です。

日本人が歯を失うもっとも大きな原因の歯の周りの病気の総称で、歯周病の初期では自覚症状がほとんどないので気付いていない方が多いだけで、実際には日本人の成人の約80%が歯周病(歯肉炎or歯周炎)にかかっていると言われています。

歯周病の原因菌にはさまざまなものがあり、もともと体にある菌(常在菌)が急激に増加したり、本来いなかったはずの歯周病性細菌が紛れこんできたときに歯周病は感染症として発症します。

食後に歯磨きをしないなど、歯を清潔に保っていないために細菌が増殖することで、歯周病が起こります。不十分な歯磨きなどで歯が汚れたままだと、細菌のかたまりであるプラーク(歯垢)がたまり、長い時間放置していると歯ブラシではなかなか落とせない硬い歯石に変化します。

皆様も一度はお聞きになった事があるかもしれませんが、代表的な歯周病は、歯肉炎(歯茎が赤く腫れて出血しやすくなること)から移行します。歯周病とは、症状が進むと次第に歯ぐきが下がったり、歯ぐきと歯の間にある歯周ポケットがどんどん深くなり、骨が溶けていきます。一般的には、健康な歯肉の歯周ポケットは1~2mm、それが4mm以上になると歯周病と診断します。

歯周病の予防法としては、とにかく口の中を清潔にすることが大切です。歯垢(プラーク)の段階であれば、ていねいな歯磨きで落とすことができますが、歯石になってしまうと、歯磨きやデンタルフロスで落とすことが難しいので、年に数回は歯医者で歯石取りをしてもらうことをオススメ致します。歯周病は、自覚した時には取り返しのつかない状態にまで進行している場合が多いので、早期発見がカギとなります。

このような方は、もしかして歯周病・・・?

以上の項目で1つでも当てはまる方、もしくは、糖尿病にかかっている方は、歯周病になっている可能性があります。
また、喫煙をされている方は、歯周病の発見が遅れることが多いです。できるだけ早めに一度歯医者さんに行かれることをオススメいたします。

早期発見があなたの健康な歯を守ります。

歯周病の恐ろしさ・・・。

歯周病は、初期段階で自覚症状がほとんどないため、知らないうちに進行していることが多く、虫歯や口臭などで歯医者に行った時に歯周病ということを知る方がほとんどです。

では、歯周病の何が恐ろしいのか。

歯周病の最終段階(一番悪くなった段階)では、歯が抜けてなくなります。「そんなバカな。。。」と思われるかもしれませんが、事実なのです。

そもそも歯周病は、歯そのものに変化はありません。歯茎などの歯を支えている歯周組織(歯肉、歯根膜、セメント質、歯槽骨)が炎症により破壊されていき、歯がグラグラしてきて、最終的には抜けて失ってしまう病気です。

最近は、歯周病による全身への影響が多く報告されるようになりました。特に、糖尿病と喫煙は歯周病と深く関係していることがわかっています。皆様の歯の健康だけでなく、全身の健康と生活の質の維持のために最寄の歯科医院にて検診を受けることをオススメします。

一般的な歯周病の治療法

プラークコントロール

歯周病の予防、治療共に基本となるのが『プラークコントロール』です。プラークコントロールとは、歯周病の原因である『歯垢(プラーク)=歯周病菌』の増殖を抑えることに重点を置いた予防、治療法で、正しい歯磨きの仕方や歯間ブラシ、デンタルフロスなどを使用してプラークコントロールをする事が歯周病予防、治療の基本になります。

スケーリング・ルートプレーニング

歯周病の根本的な原因は『歯垢(プラーク)』になります。歯垢(プラーク)は毎日の歯磨き等で取り除く事が可能なのですが、実際には歯磨きの仕方が間違っていたり、足りなかったりするため完全に取り除けていないことが多々あります。そして、歯垢(プラーク)は時間が経てば歯磨きでは取り除くことができない『歯石』になります。歯石は歯周病菌の格好のパートナーとなるため、できるだけ早めに取り除かなければドンドン歯周病が進行してしまいます。

また、歯周病になってしまえば歯周ポケットが深くなり、歯周ポケットに溜まった歯垢(プラーク)、歯石は歯磨きでは取り除く事が難しくなるため、これもまた歯周病の症状が進行していってしまうのです。

これらの『歯石・歯垢(プラーク)』を歯医者で除去してもらい、再び付着しづらくしてもらう治療法が『スケーリング・ルートプレーニング』で、歯磨きでは取り除けない歯石はもちろん、取り除けていない歯垢(プラーク)を歯医者で除去することによって炎症が収まっていき、歯周ポケットの深さも浅くなりますので歯周病の進行を抑え、症状の改善が期待できます。

しかし、歯垢(プラーク)は食事をすれば歯や歯の周りに付着していきますので、スケーリング・ルートプレーニング後でも毎日の歯磨き等で除去していかなければ再び歯石となってしまいます。歯周病治療は歯医者にまかせっきりにするのではなく、患者様ご自身でも積極的に治療に参加することがとても大切になります!

詰め物・被せ物の修正治療

「詰め物、被せ物の不適合」があれば歯垢(プラーク)が付着しやすく、歯磨きで除去する事が難しくなるため、詰め物、被せ物が合っているか?をチャックし、これらが合っていなければ修正する治療が行います。

詰め物、被せ物が適合するようになるだけで歯垢(プラーク)が付着しづらくなり、また付着した歯垢(プラーク)を取り除きやすくなるため歯周病の進行を抑え、症状の改善が期待できます。

薬(抗生物質)による歯周病治療

歯周病は、歯垢(プラーク)が原因で、歯周病菌を増大させることによりなる病気です。つまり、『歯周病菌=細菌の塊』に感染する病気なので、薬(抗生物質)を服用したり、直接、歯垢(プラーク)が溜まっている歯周ポケット内に挿入して増殖した細菌を減少させていく治療も同時に行われます。

歯ぎしり治療

歯ぎしりをしていると歯周病の症状が進行しやすいので、マウスピースなどを使用して歯ぎしりをなくす治療が行われます。

噛みあわせ治療

噛み合わせが悪かったりして一部の歯に負担がかかっている場合、その歯(歯槽骨)が破壊され、歯を失う原因となりますので、噛みあわせを調整する治療が行われます。

生活習慣、食生活の改善

歯周病は感染症です。病気、睡眠不足、ストレスを感じているときなど抵抗力が落ちているときは『細菌=歯周病菌』に感染しやすくなりますので、十分な睡眠、適度な運動、ストレス解消は歯周病を治療していくうえでも欠かせないのです!

また歯周病と関係の深い『糖尿病』にならないような食事、よく噛んで食べるなど食生活を見直す事も必要なのです。

歯周病治療の流れ

歯周病治療後の定期的なメンテナンス

歯周病を治療し、めでたく完治した場合でも、1度歯周病になった人は残念ながら再び歯周病になってしまう可能性が高いので、再発を防ぐためにも『歯周病治療後のメンテナンス』が非常に重要となります。

正しい歯磨きの仕方はもちろん、健康的な生活習慣、食生活を送り、出来れば2,3ヶ月に1回、最低でも半年に1回は歯医者で定期健診を受けて、歯周病を予防する事が何よりも大切なのです!

上記の通り、歯周病は口の中の治療だけでなく、生活習慣、食生活なども併せて見直し、改善していかなくてはならず、また歯医者で治療を行うことはもちろん、患者様自分自身でも歯周病を治すための努力が非常に重要になります!

インプラントと歯周病のつながり

歯周病は、日本では30代以上の8割がかかっていると言われる、目立った自覚症状のないまま進行していく恐ろしい病気です。歯周病とは、名前は聞いたことがあるが、実際にどのような病気で、どのような症状が出るのかを知っている方は意外と少なく、さらに自覚症状が出にくい病気のため、実はすでにこの病気にかかっているにもかかわらず気付いていない方もかなりいらっしゃいます。歯がグラグラする、歯茎などから膿(うみ)が出る、歯茎が下がって歯が長く見える、口臭がするといった症状で歯医者に行ったらもう症状がかなり深刻で・・・。「最悪の場合、歯を失います。」とまで歯医者に言われ、手遅れ・・・ということもあります。一度重症化してしまうと完全な回復が非常に困難で、日本人が歯を失う原因の多くが、この歯周病であると言われています。

歯周病についてはこちら

一方、インプラント治療は、失ってしまったご自身の歯のかわりに、人工の歯根を顎の骨に埋め込み、その上に人工の歯を作成して自然な歯と同様の機能を回復する治療方法です。固定式であるため入れ歯のようにガタついたりせず、自分の歯とほぼ変わらず噛めるようになります。

歯周病は、歯を失う病気であり、インプラントは失った歯を補う治療法ということです。

上記のようなインプラントと歯周病はつながりを持つことになります。

⇒アクセスのご案内・地図はこちら

東大宮駅から徒歩5分。当院には埼玉県さいたま市の他、(中央区・北区・緑区・見沼区 ・岩槻区 ・西区・上尾市 ・蓮田市・伊奈町 )などからも患者様がいらっしゃいます。

お問い合わせはこちら
ページのトップへ

現在のページ:HOME歯周病のつながり