インプラントのメリットとデメリットを紹介、さいたま市【マスダ歯科医院】です

歯をなくしたときの治療法

歯が抜けたところに行う治療は、3つあります。

歯が抜けたところに行う治療は、3つあります。

この中で当院はインプラントを推奨しています。

では、これからそれぞれの特徴をみていきましょう。
インプラントをおすすめする理由もお話します。

1. 部分入れ歯のメリット・デメリット

そもそも義歯(入れ歯)は、1本以上の歯がなくなった時に実施する治療法です。
部分入れ歯を固定するために健康な歯に針金を引っ掛けます。見た目にも審美性が悪く、引っ掛けている歯に負担がかかり、歯を弱らせる原因となるため、リスクを理解していただいたうえで治療をさせていただく必要があります。

部分入れ歯のメリット・デメリット

メリット

デメリット

2. ブリッジのメリット・デメリット

ブリッジのメリット・デメリット

ブリッジ治療とは、1~2本と比較的少数の歯を失った時に実施する治療法です。
ブリッジ治療を行う時には、失った歯の隣にある両側の健康な歯を削って支台として、かぶせ物(連結した人工の歯)を橋のように装着します。噛む力がかかった時には周囲の歯に負担が大きく、歯を弱らせる原因となってしまうため、リスクを理解していただいたうえで、治療をさせていただく必要があります。


メリット

デメリット

3. 義歯でもブリッジでもなく、なぜインプラントを勧めるのか?

義歯にもブリッジにもメリット・デメリットはありますが、もちろん、インプラントも同様です。

インプラントのメリット・デメリット

インプラントのメリットは、しっかり噛めるという点、味がわかるという点、見た目が良い点です。

デメリットは、保険診療外になるので費用がかかるという点、手術をともなうという点、噛めるようになるまでに時間がかかるという点になります。

インプラントをオススメする理由

義歯でもブリッジでもなく、なぜインプラントを勧めるのか?

しかし、義歯、ブリッジ、インプラントの3つの治療法のメリット・デメリットを比較しても、インプラントをオススメしています。
インプラントは現在の歯科医療の最先端技術を駆使したもので、当院が自信をもってオススメできる方法です。

インプラントなら、周囲の歯を削る必要がなく、さらに周囲の歯の負担を軽減することが可能で、ほとんど自分の歯と同じような噛み心地です。

やはり、「治療で健康な歯を削りたくない」、「自分の歯のようにしっかり噛めておいしい食事をとりたい」と考える患者様も多いと思います。

当院としても、「患者様に笑顔でいていただきたい」、「できる限りご自身の健康な歯を残していただきたい」、「食事をおいしくとっていただきたい」という想いがあります。その想いからインプラント治療をオススメしております。


⇒アクセスのご案内・地図はこちら

東大宮駅から徒歩5分。当院には埼玉県さいたま市の他、(中央区・北区・緑区・見沼区 ・岩槻区 ・西区・上尾市 ・蓮田市・伊奈町 )などからも患者様がいらっしゃいます。

お問い合わせはこちら
ページのトップへ

現在のページ:HOME歯をなくしたときの治療法